2019年秋冬にしてみたいメイクと欲しい口紅

こんばんは、薫です。

8月ももうあと1週間ほどで終わろうとしていますね!早い!

今年は早めに秋カラーの服を手に入れたので、私は一足先に薄手の秋服を着ているところです。

GUで秋色のニットカーディガンを買いました

季節を先取りするって今まで意識したことがなかったのですが、こんなに楽しいことだったんですね!

今年の秋冬はファッションもメイクも、より「女っぽい」ものにアップデートしたいと思っています。

2019年に秋冬にやりたいメイク

ズバリ、「リップを主役にしたメイク」です!

今までアイシャドウが好きで(あの目の周りがキラキラきらめく感じ、たまらないですよね…)アイシャドウばかり気を使っていたのですが、今年はアイメイクはシンプルにして、リップメイクを主役にしたいと思います!

今年は特に赤リップに挑戦したいです!

今年の秋冬にしたいメイクをまとめるとこんな感じ。

  • 赤リップを主役にしたリップメイク
  • 垢抜けた印象の太眉
  • シンプルだけど奥行きと上品さのあるアイメイク
  • 素肌感のあるベースメイク

2019年も残り4ヶ月!2019年のうちに叶えたいことリスト」に挙げた運命の赤リップを探すのが今年の秋冬メイクのメインです!

コンプレックスだった唇

私の数え切れないほどたくさんあるコンプレックスの一つが、唇です。

オネエタレントのIKKOさんの唇をイメージしてくださればお分かりになるでしょうか?

とにかく唇が分厚くって、しかも上唇が下唇と同じくらいの縦幅があるので目立つんですよね。

この唇が嫌で嫌で仕方ありませんでした。

でも、あるとき好きなコスメブランドの美容部員さんに

薫さん、とってもいい唇持ってますね〜!

口紅の色が映えますよ!

と言っていただいて、

https://kaorudays.com/wp-content/uploads/2019/07/IMG_5432-2.jpg

私の唇って、チャームポイントなんだ!

と気づくことができたんです。

さらに、パーソナルカラー診断を受けて自分がイエローベースだと知って、自分に似合う色の口紅がわかるようになってからは、リップメイクがとても楽しいものになりました。

真っ赤な口紅で女っぷりをあげたい

口紅は口紅でも、なんで赤の口紅なのか?

それは私が「大人の女性として自分をアップデートしたい」からです。

私にとって、赤い口紅って「大人の女性の象徴」で、ずっと憧れの存在でした。

私は20代後半になってなお、「娘」というペルソナから抜け出せていないところがあって、

「女らしくする」

「女であることを楽しむ」

のにためらい・心理的なブロックがあります。

なんだか非行に走っているような、いけないことをしているような後ろめたい気持ちになるんですよね。

大好きなブログの一つ、大人気心理カウンセラーの根本裕幸先生のブログに、同じような心理ブロックを抱えたYさんの投稿が紹介されています。

>どこか、大人の女になることを拒否して生きてきたのかもしれませんね。 
>色気づいたり、性的な関係を持つことが悪いことのような…
だから、そういうことなんですよね~
ほんとはすごく女の子っぽくするの好きなんじゃないでしょうか?
性的なことも、すっごく興味あるんじゃないでしょうか?
とりあえず、このブログ読んだらTバックか総レースの下着買いに行きましょ。
そのついでに真っ赤な口紅を買いに行きましょ。
(中略)
髪や胸やデリケートゾーンやお尻という「女」のシンボルをちゃんと手入れしてあげましょ。
この夏はかわいいワンピースに袖を通しましょ。
他ならぬ大切な、大切な、自分自身のために。
彼に愛されるためには、まずは、自分に愛されないとね。
女らしくない、という思いが女らしさを消してしまいます。
だから、今の自分ができる「女らしさ」を大切にしましょうね。

色気が足りず、一般受けしない容姿を持つ私が恋をする方法。ー根本裕幸オフィシャルブログ

根本先生はよく自分の「女という性」を受け入れて解放するために

  • 胸・デリケートゾーン・おしりなど見えないところのケア
  • ナイトウェア・下着にこだわる
  • 赤い口紅をつけて女という意識をアップ

ことをオススメされています。

今年の秋冬は、リップメイクを変えることによって少しでもこの心理ブロックから自分を解放したいです。

メイクによるモテ効果はわずか2%!?

また、メンタリストさんのDaiGoさんによると、メイクによるモテ効果はわずか2%で、男性が生存本能的に注目しているのは

  • 血色の良い唇
  • 肌の綺麗さ

この2つだけだそうです。

詳しくはDaiGoさんの動画「メイクの効果わずか2%〜本当のモテ顔の作り方とは?」をご覧ください。

今気に入って使っているリップ

私はイエローベースなので、赤は得意な色ではありません。

オレンジやオレンジがかったリップが得意なものになります。

リップは何本か持っているのですが、現時点でのベストリップは

カネボウのmedia(メディア)クリーミーラスティングリップOR-10です。

media(メディア)クリーミィラスティングリップA

全22色のシリーズで税抜950円。私のよく行くドラッグストアでは30%オフで販売されていることが多いです。実質税抜き665円ですね。

イエベ秋向けのリップとして有名なこのOR-10は、オレンジに分類されているのですが、実際はブラッドオレンジでほとんど赤に近い色です。

もともと持っている色味が濃い私は、淡い色の口紅だと全体に締まりがないメイクになりがちなのですが、この口紅を塗るとパッと顔色が明るくなり、洗練された都会の女風になることができます!

現在のベスト赤リップです。

毎日仕事用に使っているのがオペラのティントオイルルージュの03アプリコット

オペラティントオイルルージュ03アプリコット

仕事の服装がカジュアルライクなため、メディアのOR-10では顔だけ華やかな感じになってしまいバランスが取れない気がしてこちらを使っています。

するする塗れるなめらかな塗り心地が気持ちいいこの商品。

このアプリコットの色味と、ヴィセアヴァンのシングルアイカラー008SUNDRESS」がすごく合うんですよね〜!

ヴィセアヴァン
シングルアイカラー
008SUNDRESS

イエベ春さんにぜひオススメしたい組み合わせです。

今気になっているリップ3選

①セザンヌ ラスティング リップカラーN 407 

セザンヌ ラスティング リップカラーN 407

マットなブラウンレッドの口紅です。

マットな赤い口紅は持っていないので、似合うかどうかわからないのですがこの機会に挑戦してみたいと思っています。税抜480円。

コンビニ限定!Media(メディア)ミニリップRD-1

Media ミニリップ

現在の最愛リップと同じメディアの商品です。

RD−1(凛とした赤・ディープレッド)が一番濃い色で、かつイエベ秋向けだそうなので買ってみようと思っています。税抜500円。

ちなみにこちらのリップは4分割パーソナルカラーごとに色が分かれているそうです。

  • RD-1(凛とした赤・ディープレッド)…イエベ秋
  • RD-2(華やかな赤・コーラルレッド)…イエベ春
  • RD-3(澄んだ赤・ピュアレッド)…ブルベ夏
  • RD-4(優しい赤・ピンクレッド)…ブルベ夏

コンビニ限定の商品で、ファミリーマートでよく見かけます。価格も買いやすくていいですね。

ポール&ジョーリップスティックFULL COVERAGE / 304 オペラ座の赤

ポール&ジョー
リップスティック304
オペラ座の赤

プチプラコスメばかりご紹介したので最後に一つお高いコスメも。

パケが可愛くて去年からずっと欲しがっているポール&ジョーのリップ!

濃密な発色と控えめなツヤが特徴のFULL COVERAGEタイプ。

朱色のようなはっきりした赤色とのこと。ぜひタッチアップしてみたいです。

リフィルが2,000円、この可愛いリップスティックケースが1,000円の合計3,000円(税抜)。

私にとっては買うのに勇気のいる価格なのですが、他にも気になる色がたくさん!

  • NATURAL / 202 シルクのストッキング
  • NATURAL / 212 オールドローズ
  • NATURAL / 214 パリ メトロ
  • NATURAL / 206 ピンクのすずらん

可愛いパッケージ、美しい色だけでなく、このカラーネームも魅力の一つですよね。

失敗を恐れずに試行錯誤していきたい

今年の秋冬は、運命の赤リップを見つけて赤リップを主役にした、より女らしいメイクをしてみたいです。

収入が低くて使えるお金が少ないうえ、後悔するのが大嫌いな性格なので、失敗を恐れてなかなか踏み出せないところがあるのですが、

今年の秋冬は「失敗も経験!」と思って経験値を積むつもりでいろんなことに挑戦してみたいと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です