2021.10.20 牡羊座の満月リーディング

2021年10月20日の牡羊座満月リーディング。

星の配置

星の配置は、天秤座太陽・牡羊座月のオポジションに山羊座の冥王星がスクエアで交わる形。

活動宮のTスクエア、しかも太陽には火星も重なっていて、

火星が太陽と月のそれぞれの味方についてるような状態。とってもパワフル。

ぴんと張り詰めた弦が太陽・月オポジション、その弦を強く引き、飛び出す弓矢から冥王星のパワーが発射されるというイメージ。

冥王星は破壊と再生を司る星で、何かを壊すためにその矢は放出される。

でもこの冥王星がもたらす破壊は決して自暴自棄なものではなく、

太陽・月のオポジションに水瓶座の木星が調停と呼ばれるアスペクトで絡んでいることから、

新しい展開、新しい自分、より豊かなこれから先の未来を迎えるための「前準備」としての破壊であることがわかる。

まるで「手放さないと受け取れない」とでも言うかのような。

きっとこれから先やってくる展開は本当に大きな転機になるんじゃないかな。

だから今、ダブル火星と冥王星の力を使ってでも絶対に「破壊する」必要がある。

使い方を間違えれば何もかもを破壊してしまうようなこのエネルギーを使ってでも破壊しなければ、受け取れないものがこの先に何かあるんじゃないか。

そんなことを考えさせられる星の配置でした。

牡羊座満月のカードリーディング

満月からのメッセージは「何よりもまず自分を尊重すること」。

とにかく自分にフォーカスすること。自分の内側の深いところまで、とことん向き合うこと。

自分の人生は自分で舵を取ることができ、未知の海路も自分で選んで切り開いていけるのだということを改めて自覚する時。

自分の生き方は自分で決めることができ、

何事も「今から」始めることができるということ。

たとえ今すぐ具体的な行動に移せないとしても、

思考は今ここで変えたり作り出すことができ、

その思考の積み重ねが行動を生み出す。

自分と深く向き合う中で、私は私が不要だと感じた思考や習慣を手放すことができ、

必要なものをいつでも取り入れることができる。

堂々と「自分」を生きなさい。自分だけの「人生」という舞台を創り出しなさい。

そんな力強いメッセージを受け取りました。

この2週間の間に意識して行いたいこと

  • 自分ととことん向き合う
  • 今日のタスクを書き出し、それを達成していく作業を意識的に行う
  • 理想の生活について考えたり調べたりしてみる
  • 自己否定的な自動思考を意識して断ち切る練習をする
  • 断ち切りたい悪習慣を書き出す
  • 部屋の中の不用品を思い切って捨てる
  • 湯船に浸かって体の中に溜まった毒素を排出するイメージワークをする
  • 体にいいもの(特に食物繊維)を積極的に取り、ジャンクフードなど体に悪いものは控える

特に「自分と向き合う」「自動再生されている自己否定的な思考を切り替える」というのを意識してやって行きたいです。

ライトワークス社から出ている「オラクルカードレッスンジャーナル」という書き込み式ワークブックがとても良さそうなので購入してみました。

オラクルカードレッスンジャーナルーわたしと、とことん向き合う

自分自身のことは、わかっているようで、よくわからないものです。自分自身が本当に求めているものを知らないと、どうすれば良いのかわからなくなって、人生に迷いが生まれます。

『オラクルカードレッスンジャーナル』では、「自分を知る」をテーマに、様々なシチュエーションにおける自分と総合的に向き合えるよう、4つのパートで合計32のレッスンをご用意しました。レッスン1から順を追って自分に関する質問に答えていくだけの簡単ステップで、自分の深いところにある本心を見つめることができます。さらに、オラクルカードと連携したワークが自己理解を強力にサポートしてくれます。

ライトワークスオンラインストアより引用

次の蠍座新月まではこのワークブックに取り組みながら、「自分の深いところでの本音」に耳を澄ませてみようと思います。