パーソナルカラーに囚われて不自由になってしまった!?私が感じたパーソナルカラーの大切さと付き合い方

「自分の肌に似合う色」パーソナルカラーを知るととっても便利。

知らなかった自分の魅力に気づけるし、お買い物も効率的になります。

でもパーソナルカラーに囚われて、いちばん大事なことを見失っていませんか?

パーソナルカラーとは?

パーソナルカラーとは「その人が持つ肌や髪、瞳の色に調和する色」のこと。

生まれ持った肌の色や瞳の色から、自分に似合う色を知ることができます。

パーソナルカラーを身につけると、

  • 明るく華やかな印象になる
  • 顔色が良く見える
  • 髪にツヤが感じられる
  • 瞳がキラキラして見える

などの効果があり、その人をより魅力的に見せると言われています。

パーソナルカラーの分類方法は様々なものがありますが、日本で最もメジャーなパーソナルカラー分類法は

  • スプリング(春)
  • サマー(夏)
  • オータム(秋)
  • ウィンター(冬)

の4シーズン分類法です。

また、骨格診断という「生まれ持った骨や肉のつき方を分析し、肌の質感に合うデザイン・素材を知る」診断もあります。

パーソナルカラーと骨格診断を組み合わせることで、自分に似合うファッションを知ることができると言われています。

https://kaorudays.com/wp-content/uploads/2019/07/IMG_5432-2.jpg

私もパーソナルカラー・骨格診断を受け、

  • パーソナルカラー…オータム寄りのオータム・スプリングミックス
  • 骨格診断…ウェーブとストレートのミックス

と診断されました!

パーソナルカラーを知って良かったこと

自分では気づかなかった自分の魅力に気づけた

パーソナルカラー診断の最大のメリットはこれでしょう。

私は、パーソナルカラーをきっかけに今まで知らなかった自分の魅力を知ることができました。

それまでは自分に深く落ち着いた色が似合うだなんて知りませんでした。

それどころか、丸顔だから大人っぽい印象の色・服装は似合わない!と自分で勝手に決めつけていたほどです。

見た目に美しい・可愛らしい淡い桜色のリップに比べると、レンガのような暗い色のブラウンリップが、自分をこんなに「都会的で知的ないい女」に見せてくれるなんて、パーソナルカラーを知らなければきっと永遠に気づかなかったでしょう。

似合うものが分かるようになって、買い物の失敗が減った

私はファッションのファの字もわからないようなファッション音痴なのですが、パーソナルカラー・骨格診断を受けたことで、自分に似合うもの・似合わないものが分かるようになり、買い物で失敗することが減りました。

以前は「可愛い〜!」と思ったものを試着室に持ち込み、あまりの似合わなさに落ち込んで試着室を出る…ということがよくあったのですが、それもほとんどなくなりました。

自分に似合うものの特徴を知っていることで、試着も買い物も効率的にできるようになった気がします。

パーソナルカラーを知って悪かったこと

パーソナルカラーではないものが買えなくなって、諦めることが増えた

反対に悪かったことは、パーソナルカラーを知ったことで「可愛い!」と思うものがあっても、「ブルべ夏向けのカラーだな…」「私には似合わない色だな…」と最初から諦めてしまう癖がついてしまったことです。

気付けば私の持っている服やコスメは、オータムカラーのベージュ、ブラウン、マスタードイエロー、オレンジばかりになっていました。

より深いパーソナルカラー・ファッションの知識があれば、「似合わない色を身につけるにはどのように工夫すればいいか」という応用技も思いつくのでしょうが、ファッション音痴な自分にそれはあまりに難しすぎることでした。

もちろんオータムカラーの持つ、都会的で高級感があって大人っぽい魅力も素敵なのはわかっています。

でも、オータムとは違う魅力を持ったカラーの商品に出会った時、どうしても「可愛いと思ってもオータムの私には似合わないし」と落ち込む自分がいたのです。

そうして私は気づきました。

ただ似合う色、似合う服、似合うメイクを身に纏うだけでは足りないんじゃないかな?」と。

パーソナルカラーは「なりたい自分」を演出するための道具

パーソナルカラーや骨格診断は、イメージコンサルティングを構成する一つの要素です。

パーソナルカラー診断や骨格診断、さらにそのほかの診断で、「自分という人間がどういう素材か」を知ることができます。

パーソナルカラーでは、自分がどういう色を持っていて(肌の色・瞳の色・髪の色)、どういう色が似合うのか知ることができます。

骨格診断では、自分の体型にはどのような特徴があって、どういう素材・デザイン・シルエットの服が自分の体型をより魅力的に見せるかを知ることができます。

私も自分のパーソナルカラー・骨格診断を受けて、自分という素材の持つ特徴とそれに似合う色・服のデザインを知ることができました。

でも、そこには「なりたい自分のビジョン」がなかったのです。

「なりたい自分」という自分軸を持つことが大切

ファッションって自分がどんな人間か表現することですよね。

ただ「似合う色」「似合う服」「似合うメイク」を纏うだけで、自分を表現したことになるのでしょうか?

もちろん、自分という素材を最大限に活かすことが重要なのは間違いありません。それにパーソナルカラーが役立つこともまた、間違いありません。

でも、私はただ似合う服を着るのではなく

  • 私はこれが好き!
  • こんな自分になりたい!
  • こういう生き方をしたい!

など、自分が持つビジョン・価値観が伝わるファッションを探して、見つけて、自分が自分を好きになれる外見に近づいていくことが大切だと思いました。

好きな女性芸能人のファッションを見ていると、どなたの装いも、その人の価値観・人生哲学のようなものがファッションから感じられるんですよね。

だから、ただおしゃれなファッション、コーディネートという枠に収まらず、その人自身がすごく魅力的に見えるんです。

パーソナルカラーや骨格診断の情報は、その「なりたい自分」のビジョンを叶えるための有効な道具。

道具に振り回されて自分を見失わないようにしたいです。

自分の可能性を狭めずにいろんなファッションに挑戦しよう!

道具・手段であるパーソナルカラーに振り回されないこと。

「なりたい自分」という自分軸を見つけること。

そして、

自分で自分の可能性を狭めないこと。

これがとても重要だと感じました。

今の自分が知っている世界って狭いものです。

だから、自分が今思い描いている「なりたいと思っている自分」「なりたい外見」も、それが全てじゃありません。

今から出会う「自分でも知らなかった未知の自分」が本当の「なりたい自分」かもしれない可能性だってあるんです。

だからとにかくたくさんの色、デザイン、新しい自分に出会うよう努めること。

女優さんが役作りをするように、演じたい自分の台本を選んで、それに似合うファッションが楽しめたらそれが一番素敵なことだと私は思います。

最後までお読みくださりありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です