考え方を変えたら部屋が片付いてきた話

考え方を変えるだけで行動ってこんなに簡単に変わるんだな。そして、

何かを成し遂げるには、気合いとか努力より、やっぱり「無理なく継続できる仕組み」を作りだすことの方が大事なんだな、と思った話です。

やる気が出なくて行動が起こせないときの処方箋

まず、「行動するのにやる気が必要」っていう思い込みを捨てることです。

掃除するにはやる気が必要!と思い込んでいた私の失敗

私は片付けや整理整頓、使ったモノを定位置に戻すどころかゴミをゴミ箱に入れることすら億劫がるナマケモノ人間です。

そんな人間が住む部屋はモノが散乱した超汚部屋。必要なモノもゴミも見分けがつかない、足の踏み場もない部屋で寝るスペースだけ確保して寝る毎日…。

これじゃダメだ!掃除しよう!と思い立っても、

「掃除のやる気が上がるBGM探そう〜♪」

「う〜ん、これじゃないんだよなぁ、もっと別の…。あっ!あの動画更新されてる!」

「……掃除しようと思ってたのに、ネットサーフィンで1日が終わってしまった……」

せっかくの休日もこんなふうに失敗の繰り返し。

「自分はなんてダメ人間なんだろう(´;Д;`)」と散らかった汚部屋の中、お布団にくるまりながら自分にうんざりしていました。

やる気はなくてもOK、まず3つだけやってみよう


「やる気が湧いてくるのを待っていてもやる気は湧いてこない」

「やる気じゃなくてもとにかくやれ。やってればその気になってくる」

やる気じゃなくても、まず行動する。やっているうちにそのきにやる気が湧いてくる。

これは「作業興奮」と言って脳科学的にも心理学的にも証明されているそうです。

とはいえ、「そのやり始めるやる気がないんだよ!」っていう元も子もない本音もあり。

じゃあどうしたらいいのか?と考えた私は、「3個だけルール」を思いつきました。

3個ルール
  • とりあえず何か3個だけを片付ける
  • 3個片付けたら終わってOK
  • 1〜2個しか片付けられず息切れしちゃったら、相当疲れているってことなので即やめて他のこと何もせずに即寝る

2ch掃除板で有名な「25個ルール」の難易度をさらに下げたものです。

ルールはとにかく「3個だけ片付ける」。これだけ。

3個だけだったら1分、長くても3分で片付けが終わります。

絶対3個だけしか片付けない!3個だけ片付けたら好きなだけダラダラするぞ!という強い気持ちで片付けに望みます。

それでも1〜2個で気持ちが折れてしまう、体が思うように動かない…、というときは、相当疲れていて心と体が悲鳴をあげている状態ですから、その日はもうさっさと寝てしまいましょう。

3個モノを片付け終わったら任務は終了です。好きなだけダラダラしてよし。

これをやると、「めんどくさいからついでにこれもやっちゃお」という気分になって意外に片付けが捗るようになりました。

使い終わった食器を溜め込んで、腐海になりがちな我が家のキッチンシンクも、この3個だけルールをするようになってから、随分とましになったように思います。

もし3個以上片付けができたときは、めいっぱい自分を褒めてあげると良いです。

「床にモノを置かない」を言い換える

部屋をきれいに保つための秘訣として、よく語られる「床にモノを置かない」

これを、私は頭では理解していながら、全く実践できていなかったんですよね。

で、ある日唐突に気付いたんです。

「床にモノを置かない」って、じゃあどうしたらいいの?

って。

自分の脳では、「〜〜しない」という言葉から取るべき行動がわからなかったんです。

「そうか、”床にモノを置かない”じゃなくて、

  • モノは床以外の場所に置く
  • 床に置いてあるものは拾う・ゴミなら捨てる

って言い換えればいいんだ!」

私の脳にとっては、「〜〜しない」という言葉は抽象的すぎたのです。

モノを床に置かないためにはどういう行動をしたらいいのか?

実際に取るべき具体的な行動を意識することで、少し楽になりました。

それでもつい惰性で床にモノを置いてしまいがちなので、そういうときは「3個だけルール」でモノを拾って「とりあえず床以外のどこかに」置くことにしています。

そうすると床にあったものたちが机や棚の上に積み上がっていくので、それもまた「3個だけルール」で少しずつ片付けていく。

そうして少しずつではありますが、モノが散乱して足の踏み場もなかった汚部屋が片付いてきました。

まとめ:考え方一つで行動が変わる、部屋が片付く

  • やる気はなくてもいい、とりあえず3個だけ片付けてみる
    →3個だけルール
  • 抽象的な目標は具体的なTODOに置き換える
    →「床にモノを置かない」を「床にあるものは拾って床以外の場所に置く」に言い換え

散らかった部屋では気も休まらないし、「掃除もできないダメな自分」と自分を責めて自己肯定感も低くなりがち。

誰からも奪われない「自分の居場所」だからこそ、自分がより一層心地よく暮らせる空間にできたらいいですよね。

もしよければ考え方の一つとして参考にしてみてください。

おすすめ書籍

図解 人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

図解 人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

メンタリストDaiGoさんによる、科学的に証明された片付けメソッドを教えてくれる本。

考え方としてすごくためになる部分が多くて、繰り返し繰り返し読んでいます。

DaiGoさんの「人生が変わる超片付け」本を買いました

「QQスイーパー」「クイーンズ・クオリティ」最富キョウスケ

QQスイーパー(全3巻)
クイーンズ・クオリティ(既刊11巻・連載中)

天涯孤独の主人公・文ちゃんがひょんなことから「人の心の中」をお掃除する不思議なお掃除屋さんと出会い、成長していく物語。

恋愛ファンタジー物として楽しめるのはもちろん、日々の生活習慣や掃除の大切さ、心の在り方について考えさせられる作品。

男主人公の玖太郎がかっこよさ・可愛さにもときめきつつ、愛情深い堀北家とのやりとりにほっと心和ませられます。

作中に出てくるお料理もみんな美味しそうで、こんな生活したいな〜と憧れてしまう、そんな作品です。

今日はこんなところです。最後までお読みくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です